住宅ローン返済中なのに失業することになったら?

都合により住宅ローンがまだ残っている段階で失業した時は、未完済のまま終わってしまうのでしょうか。
このような場合に備えて、抑えておくと安心です。
第一にやるべき事は、自分の今の状況把握です。
辞めることになった原因は、会社にあるのか自分にあるのか、これによって退職給付金の支給額が大きく変わるからです。
勤め先の事業で辞めた場合は、一年間分の手当てが出るのでその期間に再就職を考えながら残りを返済に充てる事も可能です。
しかしながら、一回でも支払いが滞ってしまうと難しくなるので今、自分が何をすべきなのか冷静に考えて行動しましょう。
これから先、親との一緒に住むことになっている方にこの機会に覚えて頂きたい新生銀行や住信SBIネット銀行住宅ローンが提供しているフラット35を紹介致します。
原則として、お金を借りる時には年齢に制限があるので年配の方であれば、普通は申請は出来ません。
けれども、後を任せられる後継者がいれば親子リレー返済も可能である程度年齢に制限はありますが申込み可能です。
この仕組みは、二人で同時に返済していくのではなく申込みをした二人の年収を合わせ時間をずらして返済するのです。
こうした理由から、年齢のいっている方でも申請出来るのですね。
自分独りで抱え込まずに、こういう方法も考えてみて下さい。
近々、自分の持ち家を新しく建てる予定のある方返済総額はいくらで、期間はどの程度になるのか知りたい方はシミュレーションで試算してみると良いでしょう。
フラット35は、住宅金融支援機構が民間金融機関と提携して提供している、長期固定金利の商品です。
年に何回かあるボーナス払いを利用するのかしないのか、何%の金利を利用し、返済期間をどれくらいに設定するのか、大体の返すべき住宅ローンの金額を出せるので役立ちます。
どこの会社も無料で算出できるサービスが豊富なので、いくつか気になる会社の商品で試算してみるのもお勧めです。
但し出てきた数字は一つの基準として考えましょう。
不安な点などあれば、直接確認しておきましょう。

住宅ローン相談が無料でできるのは?