住宅ローン減税の効果はある?

サラリーマンにとって家を買う事が人生にとって最高額の買い物になります。
そのため、銀行からお金を借りて住宅を買います。
それが住宅ローンです。
住宅ローンでお金をかりますと、ある一定期間お金が戻ってくるのです。
それが住宅ローン減税です。
住宅ローンでお金を借りてから15年の間、年末の住宅ローン残高の0.1パーセントのお金が戻ってくるのです。
住宅ローンを利用する人は1千万単位のお金を借ります。
数千万に対して0.1パーセントですと毎年数十万円の住宅ローン減税となるのです。
数十万円戻ってきたら何か買おうかと考えますし、消費が促進されます。
借りる側としては非常によい制度です。
減税効果のある間にお金を借りようとしますし、政府としても住宅ローンを利用して住宅促進をさせるのです。
家を建築するといろんな産業に波及します。
そのため、経済的効果がもっとも期待できるのです。
借りる側としても、政府、国民皆に経済的効果が期待できるのが住宅ローンなのです。