行政書士の業務内容とは?

行政書士とは一般には代書屋さんと呼ばれています。
これは国家資格であって主に官公庁に提出すべき書類の作成や代理を行ったり、権利義務に関する書類の作成や相談、あるいは事実証明に関する書類の作成や相談に乗るなどを業務内容とします。
司法書士や弁護士もこういう手続きを行えますが重点内容や法律によって制限を受けているもの等によって違いがあります。
行政書士になるには国家資格に合格し、士会連合会の名簿に登録を受けて会費などの納入をしなければ業務を行えないことになっています。
具体的な内容としては不動産に関する契約書や遺産分割協議書、示談書、内容証明、始末書、車庫証明を始め、建設業の許可や取得、更新手続き、変更届けとか、風俗営業の開業手続き、運送業の許可申請や自動車登録、外国人の就労・帰化手続き、遺言書の作成や相続手続き、議事録や会計帳簿、著作権や知的財産権などの手続き、廃棄物処理の許可申請、NPO法人の新規設立の手続きなどです。