特定看護師の検討の経緯とは?

看護師の活躍の機会を拡大するという問題について検討されていましたが、2010年には、特定看護師という資格が与えられるものとして提案がされたのですが、2011年には、資格ではなく、国が能力を認証する看護師特定能力認証という制度に修正がされました。
そして2012年には、認証制度もなくなり、特定行為に係る看護師の研修制度へと変わってしまい、2014年には保健師助産師看護師法も改正され、特定看護師は、研修を終えた人に対して専門団体が認定するのみ。
でもまだ、特定看護師を説明している看護師転職サイトなどでは、「特定看護師になるには」とか、「特定看護師の資格化が検討中」などと書かれているものがありました。
特定な医療行為が出来る看護師は研修で誕生するでしょうから、その人達の事を特定看護師と呼んでもよいのかもしれませんが、今のところ、正式な名前ではなく資格化もされない事は理解していた方が良いかもしれません。