住宅ローン審査は信用が大事

ローンを組む場合、サラ金・クレジット会社・銀行の順に審査のハードルが高くなります。
つまりサラ金が一番審査のハードルが低い事になります。
このサラ金とは「サラリーマン金融」の事で、かつてのアコムやアイフルのような小規模な消費者金融を指していました。
しかし今ではこれらの会社も大規模となってきたため、現在のサラ金は銀行系カードローンを指す場合が多くなってきました。
そんなサラ金で住宅ローンを借りる場合、いくら銀行よりも審査が通りやすいからといっても、過去の借入経歴はちゃんとチェックされます。
そのため審査時の申告は嘘偽りなくしなくてはいけませんし、仮に虚実がばれた場合、ほぼ間違いなく審査に落ちるでしょう。
審査落ちた理由はご自身が貸す側の立場になれば一目瞭然ですね。
信頼あってのローンなので、どんなローンでも組む際は必ず真面目な志を持っている事が大切となります。