住宅ローンの諸費用とは?

マイホームは大半の人にとって人生で一番高い買い物であると言われています。
そのため、購入にあたっては現金一括払いで購入する人は稀で、住宅ローンを利用して購入することが一般的です。
マイホームの購入にあたっては、不動産の広告を見たりして購入したい地域の物件の価格を下調べしたり、自分の年収などから検討していくらまでなら住宅ローンが組めるかなどを想定したりする人が多いのではないかと思うのですが、ローンを組むときに必要な諸費用については思いが至らない方が多いようです。
住宅ローンに必要な諸費用とは、保証料、事務手数料、団体信用生命保険の保険料が3つの大きな柱となっています。
金額は借入先の金融機関や借入金額、返済年数などによっても異なりますが、某銀行のケースでは3000万円を35年ローンで借入れた場合、概算で70万円ほどとなります。
ローンを組む際は、こういう諸費用がかかることも念頭に置いて、余裕を持った資金計画を立てて購入することが必要となります。
審査に通る年収と住宅ローンの目安は?