フラット35頭金なしだと金利が上がる?

フラット35は長期にわたって金利が決まっているので、安心して利用出来ますね。
頭金なしとありでは、金利が変わっていますから、余裕があるなら、1割ほどの自己資金を用意しておくのがおすすめです。
借入額が9割と10割で金利を比較すると、0.
1〜0.
2ほどの差が出てきます。
3000万円の物件を購入するなら、300万円は自己資金で2700万円の借り入れを目安にすると良いでしょう。
現在、低金が進んで、変動型の住宅ローン金利では、0.
5%台も現れていますが、全くの変動型を選択した場合には、高金利に動き始めたときには一気に1%を超えてくることもあり得ます。
フラット35Sなどの場合には、当初5年は1%を切る金利で6年目以降1.
1%程度になると行った緩やかな変化がわかっているところが魅力です。